40代ナンパ講師がナンパを始めたいおじさんに伝える3つの格言

      2019/03/13

アラフォーナンパ講師王将です。

 

自分がおじさんなので、ちょこちょこナンパを始めたいおじさんによく聞かれます。

 

ナンパってどうやるんですか?

自分みたいなおじさんでもナンパできますか?

 

自分もナンパを始めたのが遅かったし、ナンパを知ってから始めるまで数ヶ月躊躇した。

 

色々な理由はあるが、1番大きな理由はこれ。

 

「こんなおっさんがナンパしても相手にされないんじゃないか」

 

という不安。

 

さらに自分の場合は

・既婚者で子持ち

・倫理的にどうかと思う

・顔、お腹、その他の体、性的機能など各所に表れる劣化

・貧乏

・ハゲ

 

という具合に、おじさんはありとあらゆる“できない理由”を作ってやらない。

 

わかる。わかります。非常によくわかる。

そんな世のおっさんのために、伝えたいことがあります。

 

歴6年のアラフォーナンパ講師がナンパを始めたくても始められないおじさんに送る3つの格言

 

 

I.やりたい時が始め時

今更ナンパを始めるにはもう歳を取りすぎていると思っているそこのあなた。

やらないと今よりどんどん歳をとっていきますよ。

想像してごらん。自分が70、80歳になった時にナンパを始められるか?

君はきっとこう思う。君の人生が終わりを迎える時、

 

「ああ、あの時、ナンパをやっておけば。あの時、勇気を出していれば。」

「あの時、バカをやっていれば。。。」

 

きっと後悔するはず。ここで勇気を出せば、今際の際に

「ああ、わしはもう死ぬ。じゃが、わしはナンパをして

他の男たちが味わえない人生を楽しんだんじゃ!!!!!」

バカをやれるのは若い時だけ。と誰が決めた。そんな予定調和に同調する必要はない。

マジョリティーに賛同した瞬間、あなたはマイノリティしか味わえない幸福を逃すことになる。

気づいてほしい。今日という日が、あなたの人生で1番若い日だということを。

今日という日が、あなたにとって1番可能性に満ちた日であることを。

やりたいと思ったら、すぐに行動するべき。

 

我々おじさんに残された時間は、そう多くないよ。

 

II.おじさんをウリにしろ

自分はおじさんだから、女の子は相手にしてくれないだろう。

その気持ちは痛いほどわかる。

そういう気持ちが1番よくない。

自分を卑下する必要は全くない。人間は必ず歳をとる。これは仕方のないことだ。

あなたのせいではない。逆に若者にはできない事で勝負しろ。

自分はよく声かけ時に「お、いますげえおっさんが来たと思っただろ」

「いますげえハゲてるなあと思ってただろ」

など指摘し、自分の劣化していると思われる箇所を用いて笑いに変えて和んでいる。

短所は長所である。

それに、歳を取った方が人生経験も豊富だし、その方が女の子との話に共感できる。女の子は包容力がある男が好きだ。故に、おじさんはモテる。

 

 

 

Ⅲ.ナンパで若返る

自分はナンパを始める前の20代後半や30代の頃は太っていた。

不規則な食生活、仕事や家庭のストレスがたまり、おまけに運動不足。

さらに子供が生まれると自分のことはどうでもよくなり、服装や髪型にこだわりがなくなっていた。

ナンパを始めると意識が変わる。見た目を変えようと努力し始める。

食事を控えめに摂り始める。ファッションや髪型を変えるようになる。筋トレを始めるなど

自分磨きに目覚める。トーク力を鍛え、若い子と会話をしたりセッ◯スをする事で気持ちも若返る。

何より達成感がハンパない。自信がつき、顔つきが変わる。

路上でナンパをするとかなり歩くため、運動にもなる。これで5〜6キロは痩せられた。

自分は実年齢を相手に教えると驚かれる。昔の写真を見せると尚更だ。

ナンパをする事で、若返る。

 

以上、ナンパを始める事にためらっているおじさんたちに伝えたい3つの格言でした。

 

ツイッターでは、今後の記事投稿やナンパに役立つ情報を発信しています

 

読み終わったらココをクリックしてね!

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 - ノウハウ系